2020年11月16日一覧

NO IMAGE

海外FX口座開設|システムトレードでは…。

スプレッドと呼ばれている“手数料”は、別の金融商品を鑑みると超格安です。はっきり申し上げて、株式投資の場合は100万円以上の取り引きをしますと、1000円くらいは売買手数料を支払う羽目になります。スプレッドというのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の実利となる売買手数料とも解釈できるものですが、各社それぞれが独自にスプレッド幅を取り決めているわけです。チャートの時系列的動向を分析して、売買のタイミングの判断をすることをテクニカル分析と呼ぶのですが、このテクニカル分析ができるようになったら、売買すべき時期を間違うことも少なくなるはずです。デモトレードをスタートする時は、FXに必要不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、必要な金額分仮想マネーとして入金されるわけです。FX会社が獲得する利益はスプレッドによって齎されているのですが、例えて言うとユーロと日本円をトレードする場合、FX会社はお客さんに対して、その2通貨間の購入時と売却時の為替レートを適用するわけです。システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)の設定に従ってテクニカルポイントが巡り来た時に、システムが勝手に...